2001.4.19 下北沢 Loft




〈セットリスト〉
1 信じることを怖がらないで
2 消えない
3 ただのわがまま
4 Coffee
5 I'm on your side
6 20代の扉
7 グランド
8 優しい距離
9 私は大丈夫
10 雨が降った土曜日
11 メトロポリタンミュージアム
12 紫陽花
13 幸せな右手

5回目は再び立川Hail Tone、今回はキーボードの石田さんとの2人だけのアコースティックライブ。
石田さんは実はMAYUKOの音大受験の時の家庭教師でもありました。石田先生!ありがとう。

 

ライブレポート

午後3時頃には、中央線の断線事故により、しばらく電車がストップするという
アクシデントもありましたが4時30頃には客足も良くなりちょっと遅れてライブはスタートしました。
今回は初のアコースティックライブということで不安な面影を浮かべながらも、
しんみりとした雰囲気でライブは始まりました。
1曲目「信じることを怖がらないで」に続いて「消えない」では『壊れた心と書いて
「懐かしい」と書く事を知って・・・』と曲中の詩を紹介をして歌い上げました。
まだ緊張の面持ちを残しながらも、ピアノの前へ。。。
以前、TVに出ていた『爆音てっぺんリーグ』に出る際に歌った「ただのわがまま」を熱唱。
やはり語り弾きはすばらしい。今回は、今までのライブと違いアコースティックな為バンドは、
石田さんのピアノ(キーボード)のみでシックな感じで曲は進行しました。

そして、「coffee」。今回、曲の合間に入るMAYUKOさんのMCがとても心地よく感じました。
(うまくなったのかな?)笑引き続き「I'm on your side」では、いつもよりテンポUPで、
繊細な声に力強いピアノは、心に響きました。次に新曲「20代の扉」。
20代になったとき、 みなさんは何を思ったかな?

ここで前半が終わり、後半へ。
後半は、「グランド」に続き新曲「優しい距離」。
前半と違い、緊張感も解けてとても楽しんで弾き語りをしていました。
「私は大丈夫」「雨が降った土曜日」の後にはNHKみんなのうたで流れていたという
「メトロポリタンミュージアム」は、MAYUKOさんがずっと気になって探していた曲だったそうです。

そして最後にMAYUKOさんの大好きな歌の1つになった「紫陽花(あじさい)」で、
幕を閉じるはずでしたが、まさかのアンコールで・・・アンコールに選んだ曲は「幸せな右手」でした。
(どうやら、アンコール曲は考えていなかったらしいです。MAYUKOさんらしい?) 

今回は曲数が多く、そして聞かせる曲が多いことから、全体的にボリュームのある内容でした。
次回はどんなライブになるのか、今から楽しみです。

(text by kaito)